願望実現はピュアな心で。大人はスローに行こうぜ。

 

%e5%9c%a8%e5%ae%85%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88web%e7%94%a8%ef%bc%89

昨日は冬至でしたね。

私は引きこもり強化期間も終わりに近づいてまして、
仕事量もかなり落ち着いてまいりました。
そして久しぶりに休みが取れたので外出したり
ヒーラー友達と忘年会したり、ちょっとデトックス的なワークや
ヒーリングもしてました。

仕事が終わる頃には既に年末も末、という感じでしょーか。
ちょっと遅いかもしれませんが来年の抱負なんてものも
皆様お考えだと思うので、ちょいと願望実現について描いてみました。

「思考は現実化する」とはゆーたが・・・

多分小2くらいだったと思うんですよねー
「毎朝、決まった時間に、起きて学校行く」というのが
当時の私には大変しんどい作業に感じられました。

さて。

私が本格的に在宅ワーカーになったのは2011年のことでございました。
(あーちなみに、絵の仕事ってメインは漫画のアシスタントなんですよ
今まで説明が難しいなと思ってぼかしてたんですけどね
どうせ会ってる人は皆知ってるし、ということで)

しばらく自宅での作業に慣れるのに気を取られていましたが
ふと、この日のことを思い出し

「あの時、私は一体どれだけ「それはいやだ」と強く願ったんだ・・・」

と思ったものです。

もちろん、私はこの仕事20年近く続けてますので
その間「決まった時間に行って、決まった時間を過ごして帰る」という
期間が全くなかったわけではありません。

それでもお勤めの人よりはゆるい時間軸の中を過ごしてたなと思うんですよ
(〆切まであと数時間しかねぇ!ギャアアアっていうのはよくありましたけどね)

潜在意識まで届くレベルの「願い」かどうか

顕在意識と潜在意識が完全にセパレートされるのは
3歳~10歳の間だそうで、
漫画内の年齢だと、まだ6~7歳なので
多分まだセパレート完成してなかったんじゃないかな、と思ってます

衝撃も強かったからなんでしょうが
私の潜在意識の奥の方にズバァアァアン!とヒットしたんでしょうね。

大人はじゃあどうすればいいの?

大人になると、色々な考えがまー渦巻きますよね。

しまいには
「それは自分の考えというより、家族や社会など他者から見て望ましい、という奴では」
というような、本来の自分自身の願いとはかけ離れていることに
なかなか気付けない場合もあります。

そういう意味では、最近ビジネス方面でも注目されてるようですが
瞑想しちゃうっていうのはかなり良いと思いますね。

「本当の、腹の底からの願いかどうか」

これを振り返るためにもおすすめです(・∀・)

年末年始で慌しいとは思いますが、寝る前や風呂で、
ご自分の内面を振り返ってみてはいかがでしょうか?

スローな感じがむしろ大人?みたいな?w

新しい来年の抱負が見つかるかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です