ビクトリノックスを目指した私のプロ意識・プライド

ビクトリノックスをご存知でしょうか。

上の画像(クリックするとamazonに飛びます。スイスは永遠に中立!)
がそうなんですが、要はマルチナイフとかサバイバルナイフとか
万能ナイフと呼ばれるものですね。

その非常に代表的なメーカーなんですけど
随分若い頃に兄が東急ハンズでこれを買い求めてから私は
「セロテープ」的にこのようなナイフの事を「ビクトリノックス」と呼んでしまいますw

それはいいとして。

私がこのよーなスピリチュアルな勉強を始めて3年経ちました。

最初は大変オーソドックスにレイキから始まり、
シータヒーリング、ブロック解除、アクセスバーズ・・・など等重ねていき
しまいには最近ではカードリーディングや
ヘリオセントリックの星読み(まだまだ研鑽中)にまで
手を出し、フェロモンまでアップしはじめw
「何屋さんやねん」というとこまで来ました。

「どうしてそんなにあれこれ手を出すの?」と聞いてくる人もいました。

自分でも正直分かりかねたのです。

単純に興味が出たから、というものもありますが
「ひょっとして私は現実逃避、あるいは技法への依存に陥っているのかな」
と考える事もしばしばありました。

自分の方向性が定まっていないように感じられて・・・

そしていよいよ、「もう新しいものを習ったりするのはもうしばらくしたくない」
という心境にまでなってきたのですが・・・

それって私のプロ意識とプライドだった

いくつかの出来事をきっかけに気づいた事がありました。

私は、どうやら

「(イベントやセッションで)目の前に座った人がどのような状態の人でも
 その人が可能な(準備が出来ている・受け取る事が出来る)範囲の最大限で
 癒したり心を軽くするなどの結果を出す」

という決意を無意識にしておったようなのです。

これって良く考えたら、私が漫画のアシスタントをしている時のやり方と同じでした。

もちろん私個人の能力で対応できる範囲は限られているんですけど
(作家さんとの相性や私の持ち味などにより)

1ヶ月に何件も、いろんなジャンルのいろんな先生の所に伺っていると
絵柄はもちろんスタイルもやり方もさまざま、考え方もそれぞれで
仕事場が変わる時は何らかのチャンネルをカチっと変える作業を無意識にしておりました。

・・・この経験って、実は上からのメッセージを受け取る時にも超役立ってるんですw

だから同じように、
シータが合わなければブロック解除を
ブロック解除もあわなければバーズを
手放す事が難しければカードリーディングでメッセージを


と自分を相手に合わせて変化させたかったくさいのです。
(もちろん、それにつけても準備が出来ている人にしか
受け取っていただけないものはあるのですが)

自分がグラグラしてるとか、方向性が定まってないんじゃなくて。

ビクトリノックスのよーに、ナイフも栓抜きもペンチもあれもこれも
出せるようになろうとしたのですね。

限界はあると思いますが、どんな人が来たとしても
その人にしてあげられる事を最大限提供したかった。
そんで、それが「プロフェッショナルだ」という信念を持っておったようなのです。

 

という事に、いろんな人との会話などで気づかされて

なーーーーーーんだ‘`,、(‘∀`) ‘`,、

と思いましたww

これがプロフェッショナルだという部分については、
かなり私がそのやり方を信念を持って(あと慣れ親しんでるので)選んだだけで
包丁一本!みたいなのも当然プロフェッショナルなんですけどね(;・∀・)

先日、ぷあまなスクールの川島由美さんにその話をしたところ

「探求心がすごいんですよ。
そうやって
自分を合わせて変えようとするなんて
 愛ですよ、愛。」

と言っていただけて(;∀;)

今は

たくさんのイベントに出て、色んな人(お客様もヒーラーさんも)にお会いして
色々な事を見聞きして、体験して

やっとどうやら自分の芯に戻る事が出来たように思いました。

なので、来年はこのせっかく手に入れたビクトリノックス

存分に使い倒してやろうじゃないかと考えております(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.