お守りの愉しみ~お守りに有効期限はあるか~

 

View this post on Instagram

 

汐月アヤコさん(@hopestar7)がシェアした投稿

何度も言うように、私の実家はお寺であり
年末年始やGW,お盆はお札所でお守りを売る中の人と化します。

なんでも、お札所が出来たのは私がお腹にいたころらしいんで
うちのお札所は我と共にありと言っても過言じゃないです(過言)

いや、むしろ私がお守りだ(過言)

冗談はさておき、そんなわけで物心ついた頃からお守りというものが
身近にあったのです。

ていうか「お寺や神社のお守り」は大抵の日本人なら身近でしょうけど(;・∀・)
※持ってはいけないという宗教もあるそうですが

そんな私の身の回りには、神社仏閣のお守りはいわずもがな
ヒーラーさんを始めたからもあって、さまざまなお守りが存在します。
まあ要は好きなんでしょw
というわけで、私が好き勝手にお守りについて話すシリーズです。

1年でお取替え????

さて、ここ数年で私や従業員の方々はこういう質問を受けるようになりました。

「お守りって、1年で替えなきゃいけないんですか?」

すぐさま私たち、こう答えます

「自分が大丈夫だと思えば大丈夫です」

おーーーい!っていうツッコミが聞こえてきそうだw

でも、こんなこという人、昔はいませんでした。

私の記憶では、10年位前から某有名女性風水師が言い出したよなって感じです。

風水の理論に基づけばそういう事になるんでしょうかね。
神社はわからんけど、仏教的には関係ないな、と思います。

1年でお取替えしたほうがいいものって
・破魔矢(その年の干支とか描いてあるでしょ)
・厄年のお札とか、年齢の関係あるもの
くらいじゃないんだろうか。

あとは単純に持ち主自体が節目節目で買い換えて気持ちを新たにしたいとか
そういう個人的な理由とかはまあいいんじゃないかと。

うちでは、
「ボロボロになって切れちゃいそうとか、
 よっぽど何かから守られて役目を終えたと感じるんだったら
 買い換えてもいいと思いますけど、
 まだ持っていたいと感じるんだったら
 別に良いんじゃないでしょうか」
と答えてます。

これは別に私がこーいう仕事してるからじゃなくて
母も昔から言うし、従業員さんも言います。

まーねー!ぶっちゃけね!
1年サイクルで買い換えてくれたほうが
商売的には回りますよね!!www

でもたとえば、大切な人からもらったお守りなんて
ボロボロになろうがなんだろうが持っていたいじゃないですか。
あるいは事故にあうなどして、「お守りに守られた」と感じたとして
A役目を果たしてくれたので御焚き上げに出そう
Bこれからもそばで守ってもらおう
と思うかはその時じゃないと分かんないですし、どっちも正解なので
感じた方に従っていいと思います。

エネルギーを感じ取れる人はそっちを信頼しよう

何年か経って増えたので、いくつかお返ししようという事もまああります。
その場合、年数的には結構だけど「あれ、まだイケんな」と解るパターンも
シータ初めてからは分かる様になりました。

上のインスタの中の三峯神社とかはそういう理由でまだ取っといてる気がします

ということを踏まえますと、
「結構直感で持ってたければOK」というお話になりますねw
これは参考になるんだかなんだかw

ちなみに、私は「他人が持っているボロボロになるまで持ち歩かれたお守り」に萌える癖を持ってますw

なんだっそら!と思われるかもしれませんが
そんな癖からこのシリーズを(シリーズ化すんのか?)思いついたわけです。

他のものも、思いつきましたらまた勝手に書きやすw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください