恋で傷ついてる時に効きそうな曲「BARBEE BOYS/Chibi」

まずはお知らせ。5月のスケジュール入れました。
セッションご希望の方は「予約カレンダー」からご確認ください。
ちょっとスケジュールの都合でかなり日数が少ないですが
これ以外にも遠隔で対応可の日もございますので
お気軽にお問合せくださいませ。
info@hopestar7.comもしくは問い合わせフォームまでどうぞ!

本題!

夫がなぜか最近Youtubeでバービーボーイズの動画ばかり観ています。
(こないだはミラクルひかるばっかり見てたのにな・・・)

私の中ではリアルタイムではバービーボーイズってちょっと
年上の人たちが好むというか、大人っぽく感じていたのですが
実際今聴いても「あわわわ、ミもフタもないなwww」と思うような
思い切った歌詞が多いかなと思います(;・∀・)

小6の時「もォやだ!」が好きだと思ったんですが
まったく歌詞の意味は理解しておりませんでした!!
もっとも小6で理解できてたらそれはそれで問題あると思うんですがw

でも今聴いてもかっこいいですね。

ところが、一曲「これはずいぶん優しい曲だな」と思うのがありました。
(冒頭しゃべってるので、すぐ聞きたい人は30秒目までジャンプ)

歌詞はこちらから

バイブレーションすれ違うよ

要するに

「好きな男がぜんっぜん振り向いてくれなくって思い詰めすぎて
自傷寸前な女に、男が(?)もっと他に合う男がいくらでもいるよ
と慰めてる曲」

です。

男が(?)と書いてるのは、その子に惚れてる男が言ってるにしては

「誰かと好きなように遊んでおいで」

という部分が随分包容力あるじゃねえか、と思ったからですが。

それはそれとて、私が注目したのは

「あいつとだとバイブレーションはすれ違う
 思いつめずに、どこかで誰かとあいつのことはLet it beしな」
という意味合いの歌詞の部分です
※そのまま歌詞を書くといろいろ問題あるみたいなので
 要約しました

Let it be は「ほっておけ」という風に使うようですが
スピリチュアル的には「手放せ」と読み取ってもいいでしょうね

当然ですが、別にこの歌詞の男(?)がサイキックなわけではないけども
慰め半分、「おまえにはこの男、合ってねえぞ」と第三者目線から
肌感覚で感じたことを教えてくれてるんですね。

実際問題、バイブレーションの違う相手とはそこまで深くなれない

わけじゃないですか。そんなに長く関わりも出来ないというか。
※バイブレーションの違い≠高い低いではありません

ソウルメイトは腐るほど存在するwwww

おっと・・・「星の数ほど」とか言った方がロマンティックだったかしら?w

ここからスピ色をトップギアにします。準備はよろしいか。
そして、歌詞を書いた方の意図とはまったく関係のない読み方や解釈をします。
だから100%私の勝手な解釈ですので、ファンの方はどうか怒らずに読んで下さい!!w

実はこの振り向いてくれない男

(霊的には)めっちゃこの女の子を愛しています

なぜなら

「好きな男を忘れられなくて、落ち込んで悲しむ」という経験を
この子にさせるためにわざわざ彼女の人生に現れたんです

更に「それを乗り越えて、幸せを掴む」
とゆー学びも発生させています

それをクリアできるかは・・・このチビちゃん次第。

で、さらに言えば「いつでもその男の代わりを狙ってるやつらがいる」的な歌詞。

そーなんですよ

ソウルメイトっていっぱいいるの。

何かのタイミングが合えば、本人の準備さえできれば。
思いもよらないタイミングで現れやがります、あいつら彼らは。
(すみません、昔ソウルメイト関係で痛い思いしたのがちょっと出ちゃいましたw)

それにはやはり、本人であるチビちゃんが視点を変えて周りを見てみなければ・・・

だから、鏡の前で暗い顔した自分ばかり見ないで。

カードばかりひいてないで。

服やメイクを変えて(エネルギーを変えて)遊んでおいで。楽しんでおいで。

そう言ってるかのようなコンタさんパートの男(?)。

チビちゃんのハイヤーセルフかガイドだったりしてねえ。

恋で傷ついてうずくまって動けなくなりそうな事があったら
ちょっとこの曲を聴いてみてはいかがでしょうか。

動ける時が少し早くなるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です