フランダースの犬~青年の口笛が聴こえる~

突然ですが、フランダースの犬について書きたいと思います(`・ω・´)

日本では誰もが知る名作アニメです。
若かったとしても、何らかの「昔のアニメ特集」みたいなやつで
ネロとパトラッシュが天使に拉致迎えに来てもらうシーンは
見た事くらいあるんじゃないでしょうか。
(え?ない?そりゃスマンカッタ)

がしかし、アレだ。

私が書きたいのはネロの可哀想さでも、才能に溢れる事でも、
パトラッシュの忠誠心でもありません。

アロアとネロがソウルメイトだとか、そんなことでもありません。

コゼツのだんなとネロには実は過去世にこんな因縁が!とかでもありません。

(もういいか)

私が書きたいのは、おじいさんのことです。

40話は「おじいさんの口笛」というタイトルなんですが

おじいさんが、ネロのコンクールのパネルを買うために出稼ぎに出かけるんですね。

おじいさんは日に日に疲れが見えてきます。
が、ネロには「大丈夫だ」と伝えるばかりです。

おじいさんは深夜まで働き続けて、帰り道に口笛を吹きながら帰ります。

なんかねえ、このシーンの演出というのか。

製作側が込めてる意図というのか。

口笛を吹いてるおじいさんは、私には青年に感じるんですよ。

おじいさんの顔は、ハッキリと書かれない。
(ジョルジュとポールが、前面に回ってようやく分かるくらい)
石畳に写る長い影や、ロングショットで描かれます。

スコットランド民謡の「故郷の空」
(日本では「誰かさんと誰かさんがむーぎばーたけー♪」で知られてますねw)
を口笛で吹く彼は、「ネロのおじいさん」というよりは
「ジェハン・ダース」(おじいさんの名前)です。

働いて、お金を稼いで、夜誰もいない道で一時、年齢や肉体の衰えなど関係のない
個人の本質だけの、「ジェハン」という人に還れたのかなと
思っています。

「おじいさん」なのは、ネロの祖父だからで、それ自体は本質とか役割の一部ですが
衰えてるのは「肉体」であって「魂」ではありません。

もちろん、おじいさん自身は肉体の疲れも、精神に堪えているかと思いますが

おじいさんは、自分の力でお金を稼いで、ネロのためにパネルを買えて

その事がうれしくて、楽しかったんじゃないかなぁと思うんですよね

私たちの周りには沢山の人が色んな役割をしています

ご自分も色々役割、持ってらっしゃいますよね?

仕事の肩書きのような、社会的なものだけじゃなくて
娘、息子、母、父、などなど・・・

あるいは、「このくらいの年齢の大人なら、こうして当然」など。

どうでしょうねえ。それって、大事な時もありますけど
その事を気にしすぎて「実際の自分の本質」
あまりにも後方に置き去りにしてやしませんか?

そらもちろん、人に迷惑をかけたり法に触れるレベルの事をしたりは
まずいんですけどさw

自分に勝手にブレーキや枠を作ってるとしたら?

それで何を守ってますか?

そんで、守ったものは本質を置き去りにしたことに割に合っていますか?

さあて、答えは人それぞれ。

興味のある方は、「フランダースの犬 おじいさんの口笛」で検索して見てくださいね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です