まさかのスカラシップOK。基礎DNAインストラクター受講記①

 

 

 

 

ざっくりこれまでの3年半を。

ざっくりすぎんだろ

まあ、でもこれまでのインストラクター受講に対しても含めるとこんな感じです。

最初の2015年は
「え?私まだまだ現実変えたりないし、ペアワークもきちんとできてる気がしないのにインストラクターとか無理ゲーっす。人に何か教えたこともないし」
というのが正直な気持ちでした。

でも来日記念ということで、ヴァイアナが珍しくディグのプラクティショナーを開いてくれて
それを受講したのでした。

で、2016年。

なんか来年はないとか言ってるし、この際行ってみたいという気持ちはあるし
やったらなんか変わる??とか思って検討するも
怒りは湧くわ恐れは湧くわ、(主にお金と団体組織というものに対して)
頭がパーーンとなってしまい結局やめたのでした。

そもそも、「インストラクターになってどーすんの?教えるの?私が?嘘だろ?」
と思ってましたので、モチベーションもあやふやなんですよね(;・∀・)

ヴァイアナが来なかった2017年と、ジョッシュが来た2018年。

だから、2017年はもう完全にシータのことはとりあえず置いといてましたね。
もちろんセッションすれば使うんですけども。

自分が受講するとかそういう点でも離れてたかなーと
(ぷあまなメンバーの皆とは遊んでもらってましたが)

2017年に「来年は来るって、しかも息子さんが初の開催で」
と聞いた時も
「スカラシップ受かってたら受けよう」と、ダメもとで応募してみました。

そんで、2018年、DNA3を受ける事にした時はすでに
「スカラシップ落ちたな。じゃ、私はやっぱ別にインストラクターになる必要はないんだろ」
と思っていました。

ところがどっこい

3月になって本部から英語で「スカラシップOK出たよー(・∀・)ノ」というメールがwww

ファッ!?

て思いましたね。

スカラシップとは

「奨学金制度」です。

ただ、こう聞くと「全額免除」みたいに思ってしまいますが、
実際は人によって違います。

私の場合、消費税相当額(ガシャガシャチーン★)

というわけですw

で、代わりに朝と終了後のお掃除とお片付けを義務付けられてます。

ただ、そんなにハードなことはなかったです(;・∀・)
(会場のレンタル規定などによっても変わるかも)

この制度、知らない人も多いし基準もよく分かりません。
「私昔申し込んだけどダメだったよ」と再認定のインストラクターさんから聞きました。

昔でた「シータヒーリングQ&A」という本にはこうありまして

Q, 奨学金はどのように決めていますか?

A, 奨学金の申請書が入るとひとつひとつ読みます。それで上昇して創造主に聞きます。創造主からイエスと言われた人にあげます。決まったらそれ以上あげません。

また、他の質問への返答で

創造主が「この人には少し応援が必要です」という場合があります

というのもありました。

どうも、少し応援が必要だといわれたケースの人です(・∀・)v

いったいどの位の人数が受けているのだろう?と思ったら
私以外に3人いらっしゃいました。(他のセミナーはわかりませんが)

なので、もし来年や海外での受講を検討してる人は思い切ってトライしてみるといいかもです。

さてさて、肝心の受講記本編はまた次回以降に。(・∀・)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください