叫ぶDNA~コロナで何を学ばされてるか

※Twitterにつれづれ書いたものに加筆しています

今は生存本能とか愛や思いやりが
ちょいとネガティブな形式で現れやすいすね
SNSを見ているとそんなのの応酬で

無理もないっす

大事な人は無事でいてほしい
自分だって怖い
不安をだれかと分けて少し軽くしたい
守らなきゃって本能に振り回されがち

でもまあいったんおちつこ

どこの国もほぼ同じで 世界はある意味1つです、この状況

本当はあなたの中で叫んでいるのは
誰なんでしょうか
何なんでしょうか

古い記憶も混じっていますよ
自分以外のものも含め 人類あるいは生き物が発生した歴史上の
最初からのものも含めて

そう、DNAが叫んでいる 「生きる!」ってね

そいで肉体じゃない魂の方

このプロセスで何を学ぼうとしてるんだい
こんな規模なら個人のものから
大枠、とんでもない大枠のものまであらーね  

でも多分、個人のものが大枠につながってるから

自分の心に集中してたら結構イケるんじゃないかしら と思うんですよねワイ

んでね

これだけ今まで会えた人に会えないとか
逆にあまり一緒にいなかった家族(仕事に時間取られてたりね)
とおのずと一緒にいる時間が増えたりしているでしょう

いやがおうでも自分と向き合わされる(;・∀・)

その中で自分の今手元に残ってる

やらなきゃいけないことや責任
相手に対する思いやり・調和

これかなり学ばされてるんだろうなーと思います

また、遠くの相手にも(それこそ名前も知らない誰か)
調和するように(ソーシャルディスタンスとかさ)
ならざるを得なかったりとか

そんで、この騒ぎが落ち着いた頃には

おびただしい数のものが終わって
おびただしい数のものが生まれているんでしょう

どんな世界になるかは・・・
まあ私も含めた今のみんなの行動しだいってことでしょうねー

それぞれ自分の持ち場で、ご安全に行きましょう(・∀・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください