基礎DNAと応用DNA

私がシータヒーリングを始めてから1年経ちました。

当時は既に直傳靈氣の後期を修了して、
西洋のファーストも習い始めていましたので
エネルギーワークに対する素地は出来ていました。
(私にとってはレイキのおかげで他の色々なものに対する
敷居が下がったといえます)

で、一体どんなセミナーだったか~なんていうことは・・・

正直、既におぼろげになってきてる

んです・・・(;・∀・)
なぜなら「へ?1年しか経ってない??」という気持ちが強くてですね・・・

当時の私の気持ちとかそういうのを事細かに書くことは出来ますが
それをとうとうと綴ったところで
正直ツマンネ
なのですよ・・・w

こんなことがあって~ 人生ズンドコで~(あれ?何か違うな)というのを書いても
長くなる上に面白くないなと・・・

最初は「セッションを1回1回頼んでるとあっという間に基礎DNA分いくじゃん」
というかなり不純な動機を持ちつつも、
興味がどうしても押さえられない
という状態になり、配布されるシータヒーリングの本を読んでは
(受講まで間があるので、まにさんが先に送ってくれたんでした)
何これ私が知りたかったこと全部入り
と思ったのでした。
つってもそれほどスピリチュアルな道に行きたいと
思ったことはなかったのですが・・・(;・∀・)

基礎DNAの時もマンツーマンで、最終日だけ先輩のアシスタントさんが
来てくれたというw
応用はもう一人いらっしゃったのでペアワークを結構できました。

でもなんか、「習うとほんとに出来る(観えたり、感じたりできる)んだなぁ!」
と思ってすごく面白かったんだと思います。
頭がすごく忙しかったけど・・・w

私はもう脳みそがそういう訓練がされちゃってるせいか
視覚化が随分出来るということで
「そのへんははっきり言って一つの才能というかギフトだから自信持って」
まにさんが言って下さったのを覚えています。

基礎DNAの時から「人生は修行だ」という土台が出てきたり
応用DNAでは仏系契約をいっぱい解除してもらったりwwww

ここから私の旅は加速したわな。

でも、さすがに
1年後にワールドリレーションズ受けてるとは思ってなかった

というわけで次回はワールドリレーションズ、受講記だよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください